読書好きにはたまらないシステムの本屋さん

以前大阪に住んでいた頃、近所に不思議な書店がありました。

文房具店が併設された店舗は良く見かけますが、その書店は喫茶店と一体化されていたのです。

買った本をすぐに読める喫茶店が併設された書店なら時々見かけますが、その書店はコーヒーやケーキを食べながら立ち読みができる、本当の意味での書店と喫茶店が一体化した店舗でした。

本を読みながらコーヒーを飲みケーキが食べられる、本好きにとって夢のような空間が大阪にはあったのです。

コーヒーは1杯500円前後とやや高めでしたが、コーヒー1杯で2~3千円する新書が読み放題なのですから嬉しい限りです。

しかも、大阪駅のすぐ傍という好立地です。

当時は仕事を持っていたので、たまの休みに行く程度でしたが、家庭に入った今なら1日中そこで過していられるのになどと考えてしまいます。

最近では、似たようなシステムの書店が東京や横浜にもあるようで、「近所にもできないかな」と首を長くして待っています。

もし近所にできたら、私の生活はバラ色です。

読書好きにはたまらないシステムの本屋さん